<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年1月から、山下先生の3か月連続月イチ講座「円山応挙」@中日文化センターを受講しております。

なぜ、円山応挙…?
そうです、3月1日から愛知県美術館で開催する展覧会「円山応挙展」があるのです。
展覧会の公式サイトはこちら
出品作品リストはこちら
山下先生は、この展覧会の企画協力として携わっておられます。

現在までに連続講座の2回分は終了し、
残り1回となりました。

すっかりブログに書くのを忘れていましたので、
メモ程度になってしまいますが、
第一回の連続講座(2013.1.19)のことについて書くことができたらいいなと思います。

★☆

第一回の連続講座(2013.1.19)の内容のごく一部

円山応挙
・応挙は本当に素晴らしい実力者
・応挙に対する盛り上がりは今ひとつ
・応挙を知るには大乗寺を訪ねてほしい
・応挙は、図面をみただけで、頭にイメージでき、描くことができる

大乗寺
・通称「応挙寺」
・初めて大乗寺に行ったのは20歳そこそこ。もう10回ぐらい訪ねている
・応挙の銅像あり
・障壁画の配置が江戸時代のものがそのまま

長沢蘆雪
・応挙の弟子
・応挙にはない躍動感
・魚印の落款
・筆さばきが応挙よりもはやい

応挙と若冲
・応挙→謙虚さ
・若冲→仏にみせるために描いている。人間界こえている。
・応挙は若冲より後に生まれ、先に死んでいる

江戸時代 18世紀京都
・日本絵画史のピークだとおもう

若冲
・フラットだけど緻密

★☆

わたしは、学生時代、日本美術の授業で、円山応挙のことを学びましたが、
それはどれも「写生」で片付けられていました。
その当時のわたしは、「応挙を語る上で写生以外の言葉ないの??」と怒り心頭だった記憶があります。自分自身では、「写生」以外の言葉をみつけることができなかったです。
今回の第一回の連続講座で、山下先生の、
「これまで、応挙=写生というくくりで語られることが多かったですが、応挙を「写生」の一語で語り尽くすことができない」という言葉に、ぐっときました。なんだかぽかぽかした気持ちになりました。

また、山下先生の、
「応挙の作品がなぜ1点だけ国宝なのかがわからない」という言葉に、もっと国宝の作品があるイメージだったので驚きました。なぜなのだろう。

今回の展覧会で、
応挙の新たな一面と、
作品と対峙する楽しさと、
愛知県内で日本美術の展覧会を開催できる喜びを
感じながら、多くの方に足を運んでほしいなと思います。

では、第二回の連続講座はそのうち…たぶん。
[PR]
by shijimi0522 | 2013-02-28 00:46
ご無沙汰しております。

先日、国立国会図書館関西館へ行ってきました。

目的は、
・現在開催中の展示を拝見すること
・文献調査のため
でした。

今回ブログでは、国立国会図書館の展示について、書きたいと思います。

☆★

国立国会図書館は、東京(本館、国際子ども図書館)や京都(関西館)にあり、
それぞれ、年に3-4回は展示を開催してます。
国立国会図書館へ足を運んだことがあっても、
展示の存在を知らない方は多いかもしれませんね。
過去の展示はこちら
国立国会図書館の展示は、展示名はありきたりでも、マニアックで貴重な展示物がさりげなく出品されていることが多く、展示解説やポスターに力を入れているので、展示をみた人もみれなかった人も、展示のWEBページはチェックしてほしいです。ポスターや展示資料解説がダウンロードできます。美術館の展覧会出品リストも、このくらい見やすくて、わくわくする感じだとうれしいのになぁと、いつも思います。

☆★

現在、国立国会図書館関西館では、
第13回小展示として、
「花ひらく少女歌劇の世界」展を開催中です。
WEBサイトはこちら

拝見する前の印象として、
今回の展示内容が、わたしにとって馴染みのない、興味をもったこともなかったので、
どう対峙したらいいのかわからないと思っていました。
ポスターのビビッドさから、展示を担当した図書館員の想いを強く感じたので、少しでもなにか感じ取れたらいいなと思い、関西館へ足を運びました。

・キャプションのデザインがかわいい
・ただ展示物をみて、終わりではなくて、国立国会図書館が力を入れているデジタル化につなげようとしている。キャプションのところに「デジタル化」というマークがあり、原本の内容をもっとみたいと思ったら、館内でその資料のデジタル化されたものをみるor自宅でインターネットでみることができるように流れが出来ている。
・図書館で展示をみることに慣れていない人にとっては、どう対峙すればいいのか迷う内容なので、もう少し解説パネルとか目印とかあると面白くなるのかな
・展示を担当した図書館員に直接お会いしたい!なぜこの展示を企画したのか…
など、さまざまなことを思いました。

興味のなかったわたしでしたが、
気になる展示物があり、
帰宅したら、早速インターネットで調べていました。

展示資料解説のリーフレットが、展示のところに置いてあり、自由に持ち帰れるので、
展示会場で、気になる展示物をリーフレットに書き込む→家でインターネットで調べる
というのができるので、うれしいですよね。

こういう展示が増えるといいな。
[PR]
by shijimi0522 | 2013-02-28 00:01
←menu