<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年一年、大変お世話になりました。
ありがとうございます。

わたしにとってこの1年間は、
今まで生きてきて、
一番不安で、
一番いろんな世代のみなさまにお会い出来て、
一番「普通」を実感して、
一番泣いて、
一番「一日」を大切にして、
一番「愛知」について考えて、来年に行動に移すために努力して、
一番同世代の友人の存在に感謝して、
一番日本語の文献を読む一年で、
などを感じた1年でした。

1年間かかげてきた目標は全て叶えることはできなかったので、
2013年はもっともっとがんばっていきたいと思います。

2013年は、
仲良しさんとプロジェクトが待っていたり、
2012年最後に出会った友人と目標に向かってがんばっていったり、
研究会で発表したい!!と思っていたり、
東京や関西に一日でも多く行きたいと思ったり、
楽しいことばかり!!!

来年も、みなさまに迷惑かけてしまうかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

2012年、ありがとうございました!!
感謝。
[PR]
by shijimi0522 | 2012-12-31 23:23
久しぶりの更新で、ごめんなさい。

12月2日、ロプロプのみなさまがツアーを組んでくださり、名古屋市美術館と豊田市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 ふりそそぐものたち」に行ってきました。

ほんとうは、展覧会の感想とか書きたいのですが、
青木野枝さんの作品をずっと見て来たわたしにとって、
言いたいことや思うことがいっぱいあるので、
長くなってしまうのが目に見えているため、
とりあえず、12月2日の展覧会関連イベント「対談 中原浩大(現代美術作家)×青木野枝(本展出品作家) 」のことを書きたいと思います。

今回のイベントは、
豊田市美術館のイベントの中でも、
比較的整理券がなくなるまで長かったですね。
もう残っていないかなと思っていましたが、なんとかゲットできました。
こんなこと、初めてでした。

さて、今回のイベントは、豊田市美術館にいくつかの作品が所蔵されている作家で大学の先生でもある中原浩大さんと、本展出品作家の青木野枝さんの対談でした。

【客層】
お客様のほとんどが、もうすでにお二人の作品を見たことある、または、お二人のファンの方々ばかりでした。だから、基礎知識よりも、お二人の最新情報だったり、お二人の掛け合いに期待している雰囲気でした。

【対談の流れ】
中原浩大さんのお話

青木野枝さんのお話

対談

【全体の感想】
今回の対談の目的はなんだったのかがわかりませんでした。
対談のコントロールができていなかったような。
だから、お客様が聞きたかったことがほとんど聞けず、なんだか時間だけが過ぎていき、最後の質疑応答にいっきにお客様の聞きたいことが殺到する羽目に。
これでよかったのでしょうか。
青木さんにとって重要なのは、鉄という素材で作品をつくること、自分で作るだけではなくてワークショップやイベントで鉄という素材を使って体験してもらうこと、コトバではなくて体感してもらうことではないかと、今回のイベントを通して感じました。

【中原さんと青木さん】
お二人が前回お会いしたのは、もう二十年以上前になるとか。
わたしが生きてる年月と近い間、お会いしていなかったのに、こんなに自然とお話できるのは、会わなくても、なにかしら刺激を与え、受けていたのでしょうね。
すごいと思いました。

【中原浩大さんのお話】
中原さんのお話では、過去に制作した作品やプロジェクトについて、丁寧にひとつひとつ説明していました。
その中で、青木さんが興味を示したのは、スクイーズマシンの作品と、ツバメの集団が空を飛んでいる写真の作品でした。

【青木野枝さんのお話】
中原さんのお話をもっと聞きたかったような青木さんは、
自分の作品についてお話しする時間をなるべく少なくして、早く対談に入りたいような。
だから、スライドのペースも速かった!!
中原さんがときどき質問したりしてくださったので、細かいところまで作品の想いを伺うことができました。
作品に対する変化がみられたのは、2002年から2003年頃。〈立山〉(簡単に言うと、誰かが使用したせっけんを使い、積んで作品ですね)という作品で、重さのないものを積むことに興味がわいてきたり、その人が使ったものがなくなっていくことに新鮮さを感じたり。「残るか残らないかが大事なのかな」これは、今でも青木さんが大事に思っていること。
2005年か2006年から〈空の水〉シリーズが始まる。作品だけを見てほしいのではなくて、展示空間全体、展示する空間(トリエンナーレだと、その土地に根づくもの)との共存を伝えたい作品が増えてくるのかなとスライドを見て感じた。この頃の作品を実見している人にとっては、今回の展覧会のように美術館で作品を見ると、どのような感じ方の違いがでるか、実感できるのかも。
現在は、作品を通して「かたまり。ぎゅっとつまったもの。黒い光。ちょっとこわいもの。」を伝えたいとのこと。

【対談】
この対談になって、お二人の作家としての「違い」を感じることができました。
ここがもっと聞きたかったです。
掛け合いがおもしろくて、メモをあまり取っていなかったので、確実にメモしていることだけ。
お二人の「違い」は、
「眺めているという感覚」
「彫刻、彫刻家のとらえ方」
にでてきましたね。彫刻の作家にとって悩む問題で違いがでてくる問題だと思うので、もっと他の作家の思いも聞いてみたくなりました。
対談で青木さんの発言で印象に残っているのは、
「私は一生懸命作っていないと辛い」
「作品をつくっているときから自分のものではない感じがするときがある。」
「手で持てるものだけでいい」
という3つのコトバが心に響きました。

もっといろんな話を聞きたかった!!!!!
[PR]
by shijimi0522 | 2012-12-04 00:17
←menu