<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨日、静岡県立美術館にて開催中の展覧会、「カラーリミックス」に行ってきました。

同時に、会期中のイベントとして、特別講演会がありました。

☆概要
「若冲V.S.現代美術」
講師:山下裕二(明治学院大学教授)
5月6日(日) 14:00~15:30 当館講堂
※先着250名 無料

今回、東京を離れて初めて山下先生の講演会を聴くことができました。

☆講演会内容メモ

【講演会の内容】
ほとんど若冲についてでした。
若冲の人柄や作品、若冲の作品と現代美術の作家の比較など。

【客層】
現代美術よりも若冲のことが好き、
かつ、
若冲の研究者として有名な山下先生が好き
な方々が多かった気がします。

【若冲の作品】
山下先生は、若冲の作品をこう分析されていました。
 ・景和落款は若冲の初期にみられる
 ・若冲の模写的作品は元の絵よりも上手くなっちゃう
 ・毛描き1本1本の緻密さ
 ・どんなに拡大しても描くばえがする
 ・画像そのものが若冲の魅力
 ・まるで昨日描いたもののようにとらえることができる
 ・現代美術

【若冲と草間彌生の共通点】
 ・増殖
 ・制約

【山下先生の重要そうなお言葉】
・「今ここにある作品が重要なんだ」
・「制約のないところに芸術は生まれない」
・「何を評価の基準にするのか」

☆山下先生について

【多くの人に愛される山下先生】
山下先生の話し方や文章は、
専門分野以外の人にも一般の人にも
わかりやすくて自然とコトバが入ってくる。
山下先生のコトバからヒントをもらい、
調べたりとか展覧会を実見したくなる。
だから、多くの人が山下先生の発する言動や活動に興味をもつ。

【わたしにとっての山下先生】
山下先生の研究は、わたしの専門分野でもあるので、山下先生の活動は大変興味深く拝見しています。
・常にいろんなところにアンテナを張っている
・専門分野以外のことにもお詳しくて、取りくんでいらっしゃる
・引き出しの多さ
という点で特に山下先生を尊敬しています。
山下先生の授業を受けたいなっと思っていましたが、願い叶わず、卒業してしまいました…
いつか、山下先生と一緒にお仕事ができることを夢見て、行動しています。
[PR]
by shijimi0522 | 2012-05-07 12:42
←menu